Loading...
Latest news

リフォームローンの金利一覧を定点観測してます

アルヒのリフォームローンについて紹介します。

アルヒのリフォームローンは申込資格が満20歳以上から65歳未満の個人という規定があります。

融資金額は50万円以上1
000万円以内と高額で、返済回数も1年(12回)から35年(420回)となっており住宅ローン並みに長期といえます。

そのため契約するためには、連帯保証人が必要になります。

また、融資合計金額が500万円を超える場合は抵当権も設定され、団信保険付プランを選択することも可能です。

アルヒの貸付利率の適用基準は変動金利型となっていますので、年に2回の長期プライムレートを3か月後の口座振替から適用します。

諸費用・リフォームローン及びフリーダムプラスにはAプラン、Bプランの2種類があり、各プランごとに基準金利と事務手数料が設定されています。

口コミなどの評価が高いおすすめのリフォームローンを探すには ランキングサイトを参照するのが良いでしょう。

ですが、住宅事情は人それぞれで違いますので一概にネット情報だけに頼るのはいけません。

まず、現在の住宅で不満な点を家族で洗い出してリフォームに必要な金額を算出してから条件に合致するリフォームローンを見つけましょう。

リフォーム費用が高額になりそうであれば有担保型ローンが低金利でおすすめですが、低額の場合なら小回りが利く無担保型ローンが良いと思います。

中古住宅の購入と同時にリフォームを行いたいと考えている人は一体型のリフォームローンを選べば金利を低く抑えることができます。

周知のとおりリフォームローンの金利相場は市場金利に応じて変動します。

担保があるかないかによっても金利が変わり現在は有担保型なら1から2%、無担保型なら2から5%が平均的な相場です。

金利タイプを大きく分けると2種類あり変動金利型と固定金利型の2種類に分けることができます。

変動金利型というのは市場金利に応じて半年ごとに金利が更新されるローンで固定金利型というものは市場金利の変動に関わらず、金利が一定のローンです。

さらに固定金利型には永続的な長期固定金利型と指定した期間内だけ固定金利になり満了するごとに長期型か変動型する固定金利選択型があります。

楽天にもリフォームローンあるのですが、楽天のリフォームローンには【フラット35(リフォーム一体型)】と呼ばれる商品があります。

リフォーム工事資金と住宅購入資金とを合わせひとつのローンで合算して融資を受けることができる商品です。

2016年10月からは新しく【フラット35】リノベが販売されています。

フラット35(リフォーム一体型)と相違する点は金利の引き下げが受けられることです。

注意点しなければいけないことは、工事前に適合している基準は対象とならないことやフラット35Sとの併用は不可などがあげられます。

リフォームローンを組むことによって受けることができる控除は所得税を控除することができます。

申告を行う事で当年の所得税から限度額はありますが、工事費の10%が還付されるというものです。

対象となるリフォーム内容と限度額については条件があり定められています。

省エネ及び耐震工事、三世代同居の場合は25万円、バリアフリーのするためのリフォーム工事では20万円と定められています。

控除の共用の要件として自分が所有して住むことや所得が3000万円以下である必要があります。

オリコのリフォームローンについて紹介します。

オリコのリフォームローンは24時間、365日仮受付可能という「Webリフォームローン仮受付」がとても便利です。

わざわざ金融機関に行くこともなくパソコンから手軽に申し込みができ最短2日で審査結果が郵送されてきます。

オリコのリフォームローンは固定金利なのですが、保証人、担保、保証料などが一切不要なのが特徴的です。

使い道として改修工事やリフォームだけに留まらずソーラーシステムの設置工事にも利用することができます。

申し込む際の注意点として、Webで仮受付の申し込み時にオリコとの提携販売会社やリフォームしてもらう会社との契約が必要となり、Webフォーマットには販売店コードまたはIDを入力しなければならないことがあげられます。

リフォームローンの融資を受けてリフォームローンが余ってしまった場合、融資業者に返金する必要はあるのでしょうか?融資金額は施工業者の見積などによって算出されるため借入金が余るというケースは珍しいのですがわざと多く借りたみたいで不安になりますね。

片や、建設業界では追加費用が発生しても補えるように事前に上乗せ融資を勧めるといった業者もいます。

また、金融機関でも追加融資が難しい場合には、担当者から上乗せ融資が勧められるといったことがあるようです。

余剰分が出ても最終的に完済されれば問題はありませんので、そのまま放置していても構わないのですが、気になる人は繰り上げ返済をしておけば良いと思います。

手軽に申請できると評判のオリコのリフォームローンについて紹介します。

オリコのリフォームローンはWebリフォームローン仮受付がかなり便利です。

金融機関に行かずともパソコンから手軽に申し込みができ最短2日という速さで審査結果が送られてきます。

オリコのローンは完済時まで固定金利が適用されるのですが、保証人や担保、保証料などを用意しなくて良いという最大のメリットがあります。

改修工事やリフォームだけでなくソーラーシステムの設置工事などにも利用できます。

リフォームローンを申込時の注意点として、仮受付の申し込みにはオリコとの提携販売会社やリフォーム会社との契約が必要となり、申請フォーマットには販売店コードまたはIDを入力する項目がありますのでその旨ご留意を。

リフォームローンに落ちた人はまずはその原因をきちんと分析する必要があります。

審査に通らなかった要因は借入を希望する金額が多かったのかもしれません。

あるいは、勤続年数が短すぎるとか会社の経営が思わしくないなどといった問題があったのかもしれません。

仮にマイカーローンの返済中であったり、キャッシングしている額が多いといったカードローンの利用状況というのは、融資の可否について大きな要因となります。

キャッシングの返済など、きちんとクリアにすることが審査に受かる近道となります。

リフォームローンで受けられる控除は所得税の控除が可能です。

控除の申告をするとその年の所得税から限度額はありますが、工事費の10%が還付されるというものです。

対象となるリフォーム工事の内容と限度額に関しましては条件が指定されていて定められています。

三世代同居や省エネ、耐震工事の場合は25万円、バリアフリー化の工事については20万円と定められています。

共用する控除の要件として自分が所有し居住することや所得が3000万円以下などが挙げられます。

リフォームローンの一体型とはどのようなものなのか?分かりやすくいうとリフォームローンと住宅ローンとがセットになっているローンということです。

中古物件を購入してリフォームを予定している場合一体型ローンが良いかと思います。

住宅ローンと比較するとリフォームローンのほうが金利が高いので一体型にすることでリフォーム分も低金利が借入することが可能です。

但し、気を付けなければいけない点もいくつかあります。

それは事前審査においてリフォームの見積書が求められたり、工事請負契約書の提出が求められることがあります。

そのため、中古物件探しと同時にリフォーム業者を探して、見積もりを作成してもらうという準備も必要になります。

楽天にもリフォームローンがあることをご存知ですか?楽天のリフォームローンにはフラット35(リフォーム一体型)といった商品があります。

住宅購入資金とリフォーム工事資金を合わせ1つのローンで融資が受けられるという商品です。

2016年10月からは新商品である【フラット35】リノベが販売されています。

フラット35(リフォーム一体型)と相違する点は当初5年間または10年間の金利が0.6%引き下げが受けられることです。

ただし注意があります。

工事前に適合している基準は対象とならないことや【フラット35】Sとの併用はできません。

新生銀行グループのアプラスのリフォームローンはTポイントを貯めることができます。

申込できる人は20歳以上65歳未満の安定収入がある人で返済回数は最長84回(7年)で、融資可能額は10万円以上300万円以内という比較的ライトなローンです。

金利に関しましては短期融資となりますので7.20%から14.40%と少々高めの設定となっています。

インターネットでの申し込みが可能なことや保証人・担保が不要で、小規模なリフォームには適しています。

シミュレーションは条件等詳細に設定することができるため、アプラスのリフォームローンをもっと詳しく知りたいという方は、HPをご覧になってみては如何でしょう。

低金利でリフォームローンを借りるには担保型のローンを選ぶことです。

リフォームローンには大別して担保形と無担保型があるのですが金利相場はもちろんのこと、借入期間や借入可能額などにも違いがあります。

無担保型の場合、借入期間は最長でも10年から15年で、借入れ可能な上限金額は500万から1000万円と条件があまり良くないのですが、担保型であれば期間は最長35年、上限金額は1000万円から1億円と桁違いの融資を受けることができます。

金利に関しては長期借入の方が低金利になりますから無担保型が約2から5%という利率に対して担保型は約1から2%という低い金利となります。

そのうえ、貸付金利タイプでも差があり変動金利と固定金利とでは変動金利の方が低金利となります。