保険無料相談の予約をキャンセルしたら勧誘電話がかかってくるとかない?

保険無料相談サービスの予約フォームに入力をしたけれどなかなか面談できないという人がいるそうですその理由として中小の仲介業者の場合、FPの登録者数が大手サービスの登録者数と比べて圧倒的に少ないためです。

そもそも無料で相談をして営業できているのは相談者がFPに保険相談をした人が保険に契約をしてくれるからです。

そのため、契約の見込みの低い案件は後回しにされてしまうという仕組みになっています。

急いで相談をしたい場合は、FPの登録者数の多い大手のサービス会社に申し込むか、街中の保険ショップの利用をお考えください。

3、4年くらい前まで様々な業界で現金キャッシュバックキャンペーンをやっていましたよね。

特に携帯電話業界では額が大きすぎて本体金額よりもキャッシュバックされるようなこともあり問題になりました。

保険無料相談サービスでも同じように商品券プレゼントをしていました。

最近、そういったプレゼントキャンペーンを見かけなくなりましたよね。

それもそのはずで2017年に総務省や金融庁が策定した指針で高額キャッシュバックや換金性の高い商品券がもらえるプレゼントするのを禁止としたからです。

そのため、保険業界では相談者特典の内容をお米や牛肉、タオルなどの商品に変更しているサービスもあります。

評判の良し悪しを気にする業界と聞いて、どんな業界を思いつきますか?一般的に思いつくのは、芸能関係などの人気商売と言われる業界だと思います。

実は保険無料相談をしているFPもとても気にしているんです。

その理由としては無料相談サービスでは相談者が紹介された保険に加入したら保険会社から報酬が発生するため、しつこい勧誘を行うとSNSや口コミサイトなどで拡散されてしまうからです。

そのため、サービス側も登録しているFPの質を挙げたいので、悪評、クレームの多いFPの登録解除を行ったりして対策をしています。

保険は人生の中で家の次に高い買い物と言われているので、信頼できる人からしっかりと説明を受けてから決めましょう。

様々なメディアでよく見る保険無料相談のCMですが、実際の利用方法が不明な部分もあります。

なので、ここでは無料相談の利用方法について調べてみました。

一般的にどのサービスもインターネット等で相談日の予約をし、希望の場所若しくは店舗で相談という流れになります。

予約日当日、FPに会ってからは、ライフプランや現在の生活環境、加入中の保険などに関して確認をしますその後、聞き取りをした人生設計などから条件に合う保険を提案します。

提案後、相談者のライフプラン・将来の希望に対して保障内容のどういったところが合っているかを一緒に確認します。

広告を見て保険無料相談を申し込んでみたけれど、いまいちこちらの要望を聞いてくれないという話を聞きます。

では、有料の保険相談を検討してみてはどうでしょう。

有料相談の値段は大体5000から20000円くらいとなっています。

有料相談のメリットとしては、現在の保険の確認だけでも気持ち的に頼みやすいことや無料相談サービスで腕を磨いた優秀なFPが担当してくれることが多いことが挙げられます。

そのため、相談者の立場で公平中立なアドバイスをしてくれます。

また、有料相談を行なっているサービスでは、独自の認定基準を設定しています。

「相談に満足しなかった場合は、相談料を返金する」という点も自信の表れでしょうか。

時間をかけて優良な担当者に当たるまで担当者を変えて無料で済ますという方法もあります。

自宅で保険の面談をした際に不安なことに、提示されたプランに納得いかない場合断れるかは気になるところでしょう。

普通なら押しの強い勧誘は禁止されていたり、担当者と合わなければ違う人にかえてもらえたりといったサポートが用意されているところがほとんどです。

初めての面談では提案のために話を聞くだけというところも多いそうなので、まずはきちんとした相談をしたいので勧誘はいらない旨をはっきり伝えてくぎを刺しておくのも良いかもしれません。

FPさんの質やその提案に自信があるところなら他と比べてもらっても大丈夫なので、問題なく終われるでしょう。

今巷では、無料の保険相談が人気です。

専門的な知識を持った人に話を聞いてもらえるというのに、なぜお金がかからないのでしょうか。

気になったのでどういう仕組みになっているのか調べてみました。

ざっくりまとめると会社やFPさんにお金を支払う大本は保険会社で、契約ができたときにはじめて支払われるシステムなんだとか。

つまりはどれだけ知識が豊富で熱心なFPさんでもやはり面談するだけではお金をもらえないわけなのですが、営業の機会を多く得ることができるため、利害関係が一致しているということですね。

保険会社の行う勧誘や販売は「保険業法」でいろいろな規制があります。

「保険会社向けの総合的な監督指針」を保険業法第300条に対して策定しています。

そのため相談者特典として換金性の高いギフト券やポイント、マイルなどをプレゼントしてはいけないのです。

では、牛肉などの景品をプレゼントしている場合はどうなのでしょうか。

実は、前述の「監督指針」には牛肉などの物品そのもののプレゼントについては具体例が載っていなく、慶弔関係や新年の挨拶などで行われるカレンダーの配布などは保険業法の禁止事項には当てはまらないとしています。

そのため、換金性の低い商品をプレゼントするのは「完全にクロ」とも「完全にシロ」ともどちらとも言えない状態です。

たくさんの保険相談請負会社がある中でどこが一番良いのか決めかねることもあるかと思います。

ぜひこういうところを選んでほしい!という重要点についていくつかピックアップしてみましょう。

まず最も調べておくべきなのは、FPさんたちの能力についてです。

また人間同士合う合わないは考えられるので、もしもの場合対応してくれるサポートが用意されているところが良いでしょう。

加えて多くの商品を取り扱っているところはFPさんの提案力に繋がりますから気にしてみましょう。

契約後どんなフォローがあるかという点も調べておきましょう。

保険無料相談のCMを見ていて疑問に感じたことがあります。

それは有料保険相談も存在しているの?ということです。

結論から言うと存在します。

初めは有料なのが基本だったそうです。

では有料と無料でのメリット・デメリットは何があるのでしょう。

無料相談の場合、FPは保険について確認・相談するだけではお金はもらえず、提案した生命保険に加入してもらって初めて保険会社から手数料という形でお金をもらっています。

なので、FPにとって手数料(収入)のいい保険ばかりを案内してくる人が中にはいます。

逆に、有料相談では、無料相談と比べ販売ノルマのようなものがないため、親身になってくれる可能性が高いようです。

毎月の出費をどうにか節約したい、というのは個人差はありますが皆さんも思っているはずです。

保険料金を見直しを考えてもいいかもしれません。

最近、テレビなどのメディアで耳にする保険無料相談を利用してみるのはどうでしょうか?でも、いざ申し込んでみようと思っても保険の知識がなくても大丈夫なのか相談に行ったら強制的に契約しなきゃいけなさそうで行きにくい。

というイメージや気持ちを抱いてしまうのもわかります。

安心してください、知識がなくても今、契約中の保障内容の確認だけでもOKです。

相談する場合は、契約中の保険証券などをFPに見せるとよりどう行った内容かわかりやすくなります。

マイルやポイントサイトで交換できるポイントが保険無料相談での利用で付与されるキャンペーンがあります。

付与されるポイントが大きいサービスはあまり有名ではないのが多く本当にポイントが付与されるのかわからないですよね。

ポイント付与までの流れとしては、数回の面談を実施し、アンケートに答えるとプレゼントというパターンが多いです。

そのため、最初の面談等で相談者に契約の見込みがないと見られたら2回目、3回目の面談をなかなかしてくれないなどポイント付与の条件に満たない状態で放置される可能性があります。

そのため、ポイントのために申し込むことはやめましょう。

皆さんは買い物に行って強引な接客で何かを買わされたというようなトラブルの経験や気持ちになったことはありますか。

中には、生命保険に加入しようとして案内担当者の説明不足な状態で不適当な保険に加入させられたという人もいるそうです。

他には、保険金を請求したら告知義務違反で保険料が支払われないこともあるそうです。

そんな時にどうしたらいいのかわからないですよね。

保険は人生の中で家の次に高価な買い物と言われるくらいで生命保険トラブルの解決が得意な弁護士もいるようです。

こういったトラブルがあった時には弁護士に相談してみるのが良さそうです。

子供のために貯金はしたい!でも家計はギリギリという方はどの部分から毎月の支出を減らしましょうか。

一番削りやすいのが食費ですがお子さんのいる家庭の場合ではできればそのままにしたいですよね。

他にパッと思いつくのは、携帯電話料金です。

通話時間を抑えたり、大手3社から格安SIMに乗り換えるという方法です。

他の節約箇所としては保険料の見直しをすることです。

保険無料相談サービスを活用した人のブログを見ると現在の契約状況・保障内容を専門家が様々な角度から見て提案してくれたそうです。

そのブログ主の担当者さんは親切丁寧で信頼できたそうなので皆さんも相談をする際は信頼できる担当者を見つけましょう。

今の保険を選んだ際の決め手はなんですか?ランキングサイトなどネットの情報を参考にした人、職場に来た営業の人の説明などいろいろな参考材料があると思います。

そうやって決めた結果、思っていたよりも月々の料金が負担になっている、実は保障内容を理解していないという人も多いのではないでしょうか。

保険無料相談サービスを活用しましょう。

当たり前のことですが加入当時と現在で生活状況は変わってくるものです。

思い切って相談してみた結果、保障内容がほぼ同じなのに月額が低く抑えられた、今の生活状況により合ったオプションが見直しをしてもらえたという話も多いです。

参照:http://www.canadagoose-montreal.com/faq/cancel.html

今巷では、無料の保険相談が人気です。

その道のプロとがっつり話し合いができるというのに、どうして0円でそんなことが可能なのでしょうか。

下世話な話ですが、お金が流れる仕組みについて少し調べてみました。

簡潔に言えば紹介される保険会社がFPさんたちにお金を出しており、実際に契約ができたときにだけその分の手数料等が発生するそうです。

よって利用者と直に接することになるFPさんは担当した顧客が契約をしたときだけお金になるわけですが、営業の機会を多く得ることができるため、持ちつ持たれつといった感じのようです。

一般的に良い評価よりも悪い評価の方が頭に残ってしまうことが多いですよね。

保障内容の見直しや契約状況の確認をしてくれる保険無料相談サービスでもそういったことはあるのでしょうか。

口コミサイトを見てみると利用者の多くが相談前は「相談したら保険に加入しなければいけなそう」というイメージを持っていてなかなか相談へ踏ん切りがつかなかったようです。

ただ実際に相談してみると「納得いくまで何度でも相談してください」と言ってくれて安心できた、本当に相談・確認だけでもOKだったなど嫌なイメージはなくなっていることがわかりました。

なので見直しを考えている人は安心して相談してみてはどうでしょうか。

保険無料相談をしたら特典として商品券をプレゼント!というキャンペーンを最近は見なくなりました。

調べてみると、2017年4月に金融庁の出した指針によって相談者に対して高額な商品券をプレゼントというキャンペーンは禁止になったからです。

指針の具体的な内容としては換金性の高い商品の提供を禁止したことです。

逆に言うと「換金性が高くなければ大丈夫」とも読み取れるので一部のサービスでは商品券から「牛肉などの景品をプレゼントする」と言う形式をとって募集をしています。

そのため、商品券、ギフト券をプレゼントするキャンペーンはなくなってしまいました。

保険の見直しを無料で行う会社があることは、もう多くの人がご存知でしょう。

ネット予約での申し込みも可能なので、FPさんとの面談までの手順もわかりやすくなっています。

しかしやはりその前に、自ら下準備をしておく必要があります。

今現在ある保障の必要性や、自分のライフスタイルを考えてどんな保障があると助かるのか、また逆にいらない保障はないか、負担のない金額はいくらくらいか、今の時点で予想される将来的な生活の変化など、事前に準備をしてスムーズに話し合いができるようにしましょう。

数年前まではいろいろなところで現金・キャッシュバックキャンペーンをやっていましたよね。

特にスマートフォンの販売店では額が大きすぎて本体を買うよりもキャッシュバックされる金額の方が大きい時期もありました。

保険無料相談サービスでも同様に相談者特典として商品券プレゼントをしていました。

最近、そういったプレゼントキャンペーンを見かけなくなりましたよね。

それもそのはず、2017年に金融庁が出した指針で高額なキャッシュバックや高額な商品券がもらえる販促方法を禁止としたからです。

そのため、保険相談業界ではお米や牛肉などの換金性の低い換金性の低いものに変更しているサービスもあります。

車の買取や引っ越しなど様々な場面で見積もりを取りますよね。

見積もり後に催促の電話がかかってきます。

好きな人はそこで値段交渉をして値切るのが楽しいと言いますが最近では、電話が苦手という方も多い印象を持っています。

保険無料相談サービスの案内時では、強制的な勧誘を行ったり、強引に勧誘してくるなど評判の悪いFPに対して登録解除を行うサービスもあるほど勧誘に関して対策が考えられています。

また、万が一担当者が強制的な勧誘を行う場合はストップコールという仕組みがあり電話一本で勧誘のストップや担当FPをチェンジすることも可能です。

最近CMなどいろいろなメディアで目にする保険無料相談サービスですが、本当に無料なの?という疑問を持ってしまいます。

なぜ無料でできるのかをご説明いたします。

調べた結果、各サービスは保険会社からの契約手数料をメインの収益として成り立っているからです。

つまり、相談サービスを行なっている会社としては、勧めた保険に乗り換えてもらうことで収益が入ることになります。

そのため、お客様目線で対応してくれるサービスが多く「相談に行ったら必ず保険に加入しないとダメそう」といった心配事はなく現在の保険内容の確認だけの利用も大丈夫です。

世の中には保険無料相談を請け負っている会社がたくさん存在します。

そんな中で、自分が本当に満足できる会社と出会うのは至難の業ともいえるかもしれません。

サイトなどに公開されているランキングもひとつの目安になります。

重要なポイントに絞って作られていることも多いので、会社を選ぶときに見るコツがわかります。

よく聞くような名前の会社でも担当FPさんによって合う合わないはどうしてもありますから、位置づけが上のところから面談を始めてみるなど、上手に活かして満足へつなげましょう。

お金をかけずに保険の見直しができるというのに、あわせて商品券などプレゼントがもらえる場合があります。

ゲットするためにどうすれば良いかというと、FPさんとの面談を受けるだけで良かったり、面談後にあるアンケートに回答したりすればもらえます。

金額は2000円から7000円と幅広いですが数社からもらうことができたらかなりのお小遣いになるでしょう。

ただし、もちろんもらうことが目的と判断された場合は無理なので、ついでにもらえたら嬉しい贈り物と捉えてしなければならないことを忘れないようにしましょう。

ネットで検索してみると、保険無料相談会社についてのクチコミが多くあることがわかります。

それだけたくさんの人が疑問や不安を持っていて、プロの意見を聞いてみたいと感じているということなのでしょう。

そしてやはり面談自体についても不安があるのだと思います。

特に訪問タイプについて評判が知りたい人も多いかと思いますが、重要なチェックポイントはFPさんの知識量や提案、そしてこちらの理想や希望を聞く姿勢でしょう。

どこにお願いするか決めるときには、そこのFPさんがどんな対応をしてくれるかをよく調べてみましょう。

保険無料相談の広告を見ていると疑問に思うことがあります。

それは有料保険相談サービスもあるの?ということです。

結論から言うとあります。

むしろ元々は有料なのが基本だったそうです。

では有料と無料でどういった点が異なるのでしょうか。

無料相談の場合、FPは相談者と面談するだけでお金はもらえず、相談者に提案した生命保険に加入してもらって初めて保険会社から手数料という形で報酬が発生しません。

なので、FPにとって手数料(収入)のいい保険ばかりを勧めてくる人が中にはいます。

逆に、有料の相談の場合、最低限の収入が発生し、より相談者目線で親身になってくれる可能性が高いです。

時折見かける、「保険無料相談で牛肉プレゼント」という宣伝キャンペーンですがなぜプレゼントキャンペーンを始めたのでしょうか。

昔は無料ではなく、FPにお金を払って保険の相談をするのが主流でした。

しかし、時代の流れとともに有料で保険相談をしてもらう時代が終わり無料相談サービスが増えてきました。

後から相談サービスに参入してきた企業は保険会社としても是非とも自社の保障に加入して欲しいと考えています。

そこで無料で相談できる場所が増えたことで獲得しにくくなった保険相談者を得るために、特典を出してでも保険見直しの機会を作ってもらいたいという考えから始まりました。

多くの人が保険を考える時期があります。

一例としては、結婚したときや子供が生まれたときなどです。

でも、全く知識がないとどうしたらいいかわからないですよね。

そんな時は、保険無料相談サービスの利用を考えてみましょう。

現在、保険に入っている人でも年収や支出などが加入当時と比べて変わっている項目が多いと思います。

なので、無料相談で今の生活状況や将来の希望に合っているか、いざという時にきちんと守ってくれるかを改めて見直しましょう。

その結果、内容がほとんど同じなのに保険料が安くなったという話もあります。

相談だけで新しい保険へ乗り換えをしなくてもOKなので気楽に利用してみてください。

保険相談の無料サービスを提供している会社は、少なく見積もっても10社以上はあるかと思います。

それだけたくさんある中でおすすめできると思うのは、FPさんの質が高いと会社です。

何社かにわたって依頼したという人の話によりますと、それぞれ同じことについて意見を聞いたとしても、提案されるプランの中身が違ってくるのだそうです。

実際契約をするとなると、FPさんとの関係は長く続きます。

意見や要望、不安などを親身に聞いてくれるだけでなく、想像してもいなかった満足をくれるような実力のあるFPさんがいる会社が良いでしょう。

無料で保険の相談に乗ってくれる会社の中でも、町中にある店舗はもちろん、テレビで見かけるなどして良く知られる会社のひとつに「ほけんの窓口」があります。

来店型の中でもトップクラスの知名度を誇る会社で、ネット上の体験談や口コミも豊富にあるのが良いですね。

初めてのFPさんとの面談では知識を深めるところから行い、こちらからの質問にも手を抜かず答えてくれるそうで評判が良く、満足度も高いとのこと。

さらに扱っている商品の数もたくさんあるので、いろいろなプランを比較検討しやすいでしょう。